So-net無料ブログ作成

邪眼は月輪に飛ぶ [まんが]


 うしおととらで著名な藤田先生の最新作「邪眼は月輪に飛ぶ」を読みましたよー。帯広告を書かれたあだち充先生によると、「この作品がすごいのは当たり前です。藤田和日郎なんですから!」と、これぞ褒め殺しという有り難い書評。コメントもツンデレっぽいし、ホント仲良しなんだな!? (´ー`)

 お話は、その眼で見られたものはすべて死んでしまうという1羽のフクロウに因縁を背負ったマタギが立ち向かうと言うもの。スピリッツで集中連載された短編なのでサックリと楽しめました。連載誌が変わったからなのか、前作よりもスプラッタ度は結構高めです。苦手な方は控えたほうが良いかもしれません。

 何だかユーモラスで可愛いはずのフクロウが藤田先生に手に掛かるとこんな感じに為っちゃうので・・・
見られたらシヌヨ・・・Σ(゜д゜lll)

 でも、フクロウを追い詰めていく(逆に人が追い詰められる?)展開の緊張感と魔物封じのシーンの迫力は流石です。アッと驚く!?結末なのでバトル物が好きな方におすすめです。

関連リンク



このエントリーを含むはてなブックマーク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。